自分でできる◎秋のヘアケア特集|髪質改善なら神戸・三ノ宮の美容室「UNBIRTHDAY(アンバースデー)」

髪の悩みあれこれ

自分でできる◎秋のヘアケア特集|髪質改善なら神戸・三ノ宮の美容室「UNBIRTHDAY(アンバースデー)」

SPECIAL COLUMN

自分でできる◎秋のヘアケア特集

2021.11.10    ダメージ/パサつき・ツヤ・ひっかかり/ヘアケア/人気の記事

 

 

過ごしやすい気候の秋♪

 

ですが髪にとっては夏に受けたダメージやストレスの影響を受けやすい季節です!

 

スペシャルなケアももちろん良いのですが、

おうちでのケアをすこ〜し気をつけてあげるだけで

秋冬の髪を綺麗にキープすることができますよ◎

 

今回はおうちで簡単にできるホームケア方法や、日々のポイントをお伝えします!

 

 


 

topic

 

・乾燥

  ・お湯の温度を下げる

  ・シャンプーの洗浄力を減らす

  ・すぐにドライヤーで乾かす

・夏の紫外線ダメージ

・抜け毛

  ・頭皮マッサージ

  ・保湿

・自律神経のバランスを整える

  ・睡眠

  ・食生活

  ・温活

 

 

 

○乾燥○

 

 

気温が下がり、お肌も髪も一番気になるのは乾燥ですよね。

空気が乾燥するこの季節、

トリートメントなどでの保湿ケアももちろん重要ですが

もっと簡単にケアしたい!という方はこちらの3つだけでもぜひやっていただきたいです。

 

 

①お湯の温度を下げる

 

最も簡単、かつすぐにできるケアとして、

頭を洗うときのお湯の温度をぬるめに設定するのがおすすめです。

 

ベストな温度は38〜39℃

 

ですが寒くなりつい熱くしてしまう方も多いかと思います。

 

そんな方は、

設定温度を1℃でも2℃でも下げてあげるだけで

髪の負担を減らすことができますので、

まずはそこから始めてみてくださいね。

 

 

②シャンプーの洗浄力を減らす

 

泡立ちが悪いから、とシャンプーの量をたくさん使ってシャンプーしている方・・・

 

実はそれ、NGです!!

 

シャンプーの量が多ければ多いほど、

洗浄力が高くなってしまうので、髪への負担が増えてしまいます。

 

ショート〜ミディアムで1プッシュ

ロングの方で2プッシュ

 

毛量にもよりますが、このぐらいを目安に使っていただくと

髪への負担を最小限にすることができますよ!

 

 

ポイントは、

シャンプーの前にシャワーでしっかり地肌と髪を濡らすこと。(約1〜2分)

こうすると少しの量でしっかりと泡立つようになるはずです。

 

それでも泡立ちが悪い、という方は

はじめに半プッシュほど濡らした髪に馴染ませ、

もみ込んで一度流してからのシャンプーがおすすめです。

 

余分な油分を落としてくれるので泡立ちやすくなります◎

 

 

③すぐにドライヤーで乾かす

 

 

お風呂からあがってすぐ乾かすのってちょっと面倒くさいですよね。

 

でも、そのまま自然乾燥してしまうと、

その間に髪はどんどん乾燥してしまいます。

 

不思議なことに、しばらく放置してからドライヤーをした髪と

すぐにドライヤーで乾かした髪だと、

すぐに乾かした方がツヤツヤ潤った髪に仕上がります。

 

ずっとパサパサ髪で悩んでいた方が、

髪をすぐに乾かすようにしたところ髪質がみるみる変わったという事例もあるほど・・・!

 

思い当たる方は、今日からすぐに乾かしましょう。

 

 

髪の乾燥対策はこちらにも詳しく書いてあります。

 

すぐにできる!正しい乾燥対策

 

 

○夏の紫外線ダメージ○

 

 

夏に受けた紫外線ダメージや疲労は、秋の頭皮や髪のトラブルとして出てきてしまいます。

 

なるべく夏の時点で予防することが大事ですが、

受けてしまったダメージはしっかり保湿をしてケアしましょう◎

 

保湿力の高いヘアパックや、乳液タイプのアウトバストリートメントで

髪に脂質を補ってあげると

内側からしっかり潤いが戻ってくれますよ。

 

来年からの夏の予防はこちらをご参考に◎

 

夏の髪と頭皮をダメージから守る!紫外線対策とは??

 

 

○抜け毛○

 

 

夏の間の紫外線や、生活習慣の乱れ、急な気温変化などで

この時期は抜け毛が増えることがあります。

 

気になる方はこれらのケアで頭皮の環境を整えていきましょう。

 

 

①頭皮マッサージ

 

頭皮の血流が悪くなったり、毛穴の状態がよくないと

抜けやすい毛が生えてきてしまいます。

 

頭頂部も大事ですが、

まずは耳上の部分をしっかりほぐしてあげることで

頭全体がゆるみ、血流が良くなります。

 

 

自分でやる際には

指を押し付け上に引き上げるようにすると効果的です!

 

 

②保湿

 

髪と同じように

頭皮も保湿をすることで状態が良くなります。

 

乾いた土壌に植物が生えにくいように、

乾燥した頭皮には健康な髪は生えてきません。

 

最近では頭皮用のローションなども販売されていますので

そちらでケアされるのがおすすめです。

 

抜け毛が気になる方はもちろん、

 

・毛が細い方、

・ペタンコになりやすい方

・髪を綺麗に保ちたい方

・薄毛が気になる方

などは

 

ぜひ頭皮の保湿を見直してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

○自律神経のバランスを整える○

 

季節の変わり目、特に夏から秋にかけてのこの時期は

自律神経のバランスが崩れやすい時期でもあります。

 

自律神経が乱れることで

血管が収縮し、髪や頭皮に栄養が行き渡りにくくなることも。

それが頭皮環境の悪化につながり

抜け毛や、髪質が変わることもあるのです。

 

 

①睡眠

 

人間は寝ている間に体の疲労やダメージを修復します。

 

睡眠時間が短いと肌に影響してくるように、

髪のコンディションにも素一民は大きく関わっています。

 

22時〜2時の”ゴールデンタイム”と呼ばれているこの時間が、

体の中で最も”血”を作っている時間。

この時間に睡眠をとっていると、髪にも栄養が行き渡りやすくなり

強い髪が生えやすくなります。

 

 

②食生活

 

食事がすぐに髪に影響する訳ではありませんが、

私たちの体はすべて食べたものから作られています。

 

例えばダイエットで食事を極端に制限したときなどに髪がパサパサになったりは

感じられる方も多いのではないのでしょうか?

 

 

バランスよく栄養を取ることが最も大事ですが、

特に

・タンパク質

・ビタミン

・亜鉛

などをしっかり取るといいと言われています

 

 

③温活

 

一般的になってきている”温活”ですが、

体温を上げ、代謝をよくすることで髪にもいい影響があります。

 

全身の血流がよくなることで頭皮の血流もUPし、

髪に栄養分が行き届きやすくなります。

 

また、体調が整うことで

髪の調子がよくなるということにも繋がります。

 

 

 

○まとめ○

 

 

秋のヘアケアのポイントは何と言っても保湿と血流が重要です。

 

髪や頭皮の潤いを守るために、

 

①潤いが逃げないようにする

②外から補う

③中から補う

 

 

そして血の巡りが滞らないよう

マッサージや暖めるケアで体の調子も整えましょう◎

 

 

自分ではどうしてもケアできない、

一度しっかりとしたケアでベース作りをしたい、

という方は

 

サロンでトリートメントやケアをしてから

少しずつおうちでのケアを取り入れていってみてくださいね!

 

 

UNBIRTHDAYでは続けやすいホームケア方法もお伝えいたします◎

 

髪質改善したい、髪をキレイにしていきたい方は

ぜひご相談くださいませ。

 

 

 

UNBIRTHDAY

 

ページトップへ戻る