正しい髪の乾かし方|髪質改善なら神戸・三ノ宮の美容室「UNBIRTHDAY(アンバースデー)」

髪の悩みあれこれ

正しい髪の乾かし方|髪質改善なら神戸・三ノ宮の美容室「UNBIRTHDAY(アンバースデー)」

SPECIAL COLUMN

正しい髪の乾かし方

2020.03.26    くせ/パサつき・ツヤ・ひっかかり/ヘアケア/ボリュームが出ない

 

みなさん、

髪の毛の正しい乾かし方って、ご存知ですか??

 

 

どんな乾かし方でも乾かさないよりはずっといいのですが、

どうせなら髪にとって1番良い方法で乾かしたいですよね?

 

今回は、正しい髪の乾かし方についてお伝えしようと思います!

 


 

topic

 

 

・髪を乾かす順番

  ・まずは根元から

  ・毛先を乾かすときの注意点

・髪をしっかり乾かすことのメリット

 

 

 

○髪を乾かす順番○

 

 

髪を乾かすときは、まずどこから乾かしますか?

 

よくロングの方で、

毛先にばかりドライヤーの風を当てるという人がいますが、

これは実はNG。

 

根元付近から乾かし始めるのがベストな方法なんです◎

 

根元部分から乾かすだけで、

オーバードライによる髪の乾燥を防ぎ

キレイに早く乾かすことができるのです。

 

 

 

まずは根元から

 

髪がびしょびしょにぬれている状態だと

乾かすのにかなり時間がかかってしまいます。

 

タオルでしっかりと余分な水分を拭き取ってから乾かしていきましょう。

 

この時、

髪の毛同士をこすり合わさないように、

ぎゅっと握るように水分をとるのがポイントです。

 

 

ドライヤーを当てるのは根元から

 

頭皮を指の腹で優しくかくようにしながら

その部分にドライヤーの風を当てていきます。

 

この時、頭全体をまんべんなくかくようにすると、

全体的にムラなく乾かすことができます。

 

分け目を無視して、

オールバック、もしくは左右に振るように乾かすと

ぱきっと分け目がつかず、トップがふんわりと仕上がります。

 

 

前髪をおろしている方はまず前髪から乾かすのがおすすめです。

 

少し左右に引っ張りながら乾かすと

生えグセもつきにくく、まっすぐにおりてくれます。

 

後頭部の下あたりは髪が密集していて乾きにくい部分になるため

少ししっかりめに乾かしましょう。

 

 

ほぼ完全に根元部分が乾いたら、

ここでやっと毛先に風を当てていきます。

 

 

毛先を乾かすときの注意点

 

毛先に風を当てるときは

キューティクルにそって風を当てることがマスト。

 

キューティクルは根元からうろこ状に付いているので

上から下に、髪の毛の向きにそってドライヤーの風を当てていきます。

 

ドライヤーを持っている手が頭の上にあるような感じですね。

 

 

 

上↑の図だと、

左側が根元、右側が毛先になるので

→ → → → → → → → →

このような方向で乾かすのが正解です。

 

 

さらにねじってかわかすと、

よりツヤが出やすくなります◎

 

髪を左右2つに分け、

内巻き(顔の方に)にねじるようにしてそこに風を当てていきます。

 

このとき少しぎゅっと強めにねじることで毛先にテンションがかかり、

ブローしたような状態になるため

毛先までツヤツヤに仕上がります。

 

 

触ったときにひんやりしないぐらい

しっかりと乾かしたら完了です!

 

 

 

○髪をしっかり乾かすことのメリット○

 

ぬれた髪は、若干キューティクルが開いている状態にあります。

 

例えばこのまま自然乾燥すると、

髪の中の水分まで一緒に乾いていくため

髪がボワボワ乾燥しやすくなります。

 

そして、1番髪に負担がかかるのは

髪が湿っている状態での摩擦です。

 

ぬれたまま寝たり、目の細かいクシで引っ張ったりすると

開いたキューティクルが剥がれ、

髪がダメージしてしまいます!!

 

ぬれている髪は、乾いている髪の約半分ほどの強度になってしまいます。

できるだけ早く乾かして、優しく扱ってあげましょう◎

 

 

お風呂から出たらすぐに正しい方法でしっかりと乾かしてあげると、

いつもよりサラサラツヤツヤでまとまりやすく

翌日の寝癖も付きにくくなりますよ!

 

 

乾かす前にはアウトバストリートメントをつけるとより美髪に近付きます。

くわしくはこちら

 

乾かす前の”アウトバストリートメント”

 

 

髪の毛を綺麗に保っていきたい方、

神戸/三宮の髪質改善サロンUNBIRTHDAYstore byUNBIRTHDAYにぜひご相談ください。

 

SALON

ページトップへ戻る