正しい髪の乾かし方|髪質改善なら神戸・三ノ宮の美容室「UNBIRTHDAY(アンバースデー)」

髪の悩みあれこれ

正しい髪の乾かし方|髪質改善なら神戸・三ノ宮の美容室「UNBIRTHDAY(アンバースデー)」

SPECIAL COLUMN

正しい髪の乾かし方

2020.03.26  くせ/パサつき・ツヤ・ひっかかり/ヘアケア/ボリュームが出ない

 

 

髪の正しい乾かし方、ご存知ですか?

 

ただ乾かすだけでも、
乾かさないよりはずっと良いのですが、
どうせなら1番良い方法で乾かしたいですよね?

 

 

という訳で
今回は髪の乾かし方について。

 

 

皆さんは髪を乾かす際、
どこから乾かしていますか??

 

よくロングの方で
毛先にばかりドライヤーを当てている方がいますが、

実は根元から乾かすのが正しい乾かし方。

 

まず根元をしっかりと乾かしてから、
毛先に風を当てることで

乾かし過ぎも防げ、
キレイに、早く乾かせます。

 

 

びしょびしょに濡れている状態だと
かなり時間がかかってしまうため、

まずはしっかりタオルドライ。

 

髪の毛同士をこすり合わさないように、
ぎゅっと握るようにして毛先の水分もしっかりと取ります。

 

ドライヤーを当てるのは
根元から。

 

頭皮を指の腹で優しくかくようにしながら
その部分にドライヤーを当てていきます。

 

このとき
頭全体をまんべんなくかくようにすると
全体的にムラなく乾かすことができます。

 

分け目を無視して
オールバック、もしくは左右に振るように乾かしてあげると
パキッと分け目がつかず、ふんわり仕上がります。

 

前髪をおろしている方は
はじめに前髪から乾かすのがおすすめです。

左右に少し引っ張りながら乾かすと
はえ癖もつきにくく、まっすぐにおりてくれます。

 

ほぼ完全に根元の髪が乾くぐらいまで
根元を乾かしたら、

ここでやっと風を毛先に当てていきます。

 

後頭部のへこんでいる部分は乾かしにくいので
少し多めに乾かしましょう。

 

毛先に風を当てる際は
少し上から、

キューティクルに沿うように当てるのがおすすめ。

ツヤが出やすくなります。

 

毛先もほとんど乾いてきたら、
ここで最後のポイント!

 

髪を左右2つに分け
内巻きにねじるようにしてそこに風を当てていきます。

このとき少しぎゅっと強めにねじることで
毛先にテンションがかかり、
ブラシを入れたような状態になるため
よりツヤが出てまとまりやすくなります。

 

触ったときにひんやりしないぐらい
しっかりと乾かしたら完了です◎

 

いつもよりツヤツヤサラサラでまとまりやすく、
翌日の寝癖もつきにくくなりますよ!

ページトップへ戻る