乾かす前の”アウトバストリートメント”|髪質改善なら神戸・三ノ宮の美容室「UNBIRTHDAY(アンバースデー)」

髪の悩みあれこれ

乾かす前の”アウトバストリートメント”|髪質改善なら神戸・三ノ宮の美容室「UNBIRTHDAY(アンバースデー)」

SPECIAL COLUMN

乾かす前の”アウトバストリートメント”

2020.04.02  COTA/くせ/ゴワつく/ダメージ/パサつき・ツヤ・ひっかかり/ヘアケア/人気の記事

 

 

”アウトバストリートメント”とは、 

お風呂から出た後、 

ドライヤーの前に付ける洗い流さないトリートメントのこと。 

 

タオルドライした状態の濡れた髪に付けて 

使用します。 

 

ドライヤーの熱から守ってくれたり、 

乾燥やダメージを防ぐもの 

手触りをよくするもの 

など色々な目的があり、 

 

髪質やどんな質感にしたいか?などで 

使用する形状も異なります。 

大きく分けて 

 

・ミストタイプ 

・クリーム(乳液)タイプ 

・オイルタイプ 

 

の3種類。 

ジェルタイプやムース状のものも中にはありますが、 

ここでは割愛します。 。

 

顔を洗った後に 

化粧水も乳液も何も付けずに 

ドライヤーをあてる、なんてことはまずしないと思いますが、 

 

髪には何も付けずに過ごしている、と思うと 

少しアウトバストリートメントの大事さを感じられますね。 

 

 

□オイルタイプ 

 

最も使っている方が多いのはこのオイルタイプではないでしょうか? 

 

オイルタイプの特徴は 

髪の表面のキューティクルに油分の膜をはり、 

ツヤを出してくれる効果が高いこと。 

 

コーティング力があるため 

ドライヤーやアイロンの熱から髪を守ってくれます。 

 

ただし、 

髪を補修する力は弱く、 

表面部分のみに付着するため 

 

・髪をよくしていきたい方 

・まとまりが欲しい方 

 

などには少し物足りなく感じることも。 

 

ものによっては 

コーティング成分が強すぎて 

髪に残留したり、重たくベタつく原因にもなりますので 

少し注意が必要です。 

 

 

□クリーム(乳液)タイプ 

 

クリームタイプ、ミルクタイプ、乳液タイプ、と呼び方は様々ですが 

要は油分と水分が合わさった補修系のトリートメントです。 

 

お顔の乳液と同じように、 

保湿や、水分油分をバランスよく補うことに特化しています。 

 

乳液、ミルクのように柔らかいものの方が軽い質感、 

クリームのように硬さがあるほどしっとり感が増します。 

 

あまり重たいものだと 

オイルのように残留してしまう可能性があるので注意しましょう。 

 

髪の内部に栄養分を補ってくれるため、 

 

・パサつきが気になる 

・まとまらない 

・広がる 

・ごわつく 

 

という方におすすめです。 

 

 

□ミストタイプ 

 

液状のミストタイプのトリートメントは 

内部補修効果が高く、 

髪の主成分【タンパク質】を補充してくれるものが多いです。 

 

粒子が細かいので 

手触りをよくする、というよりも 

髪のベースを整えてよくしていくトリートメントです。 

 

・ダメージが強い 

・髪にハリコシが欲しい 

・サラサラの質感にしたい 

 

という方におすすめです。 

 

++ 

 

色々なメーカーからいろいろな形状のものが出ていますが、 

 

UNBIRTHDAYのおすすめは 

【COTA】のアウトバスシリーズ。 

 

 

1番の特徴は 

髪の内側に栄養分を補充し 

髪の毛をよくしていく、ということ。 

 

ミストタイプ(B1)・クリームタイプ(B3・B5)・オイルタイプ(B7)合わせて4種類の中から 

髪質に合ったものをチョイス、組み合わせて使用するトリートメントです。 

 

【COTA】はシャンプートリートメントはじめ、 

ヘアケアにかなり特化したメーカーで、 

 

色々なヘアケア剤を使ってきたわたしたち美容師も 

自信を持っておすすめできるものになっています。 

 

シャンプートリートメントの詳しい紹介はこちら 

 

 

アウトバスの全商品に共通して入っているのが 

「シーバックソーンベリーオイル」 

 

なんのこっちゃ?な名前ですが 

実はこのオイルがすごい! 

 

”生命の果実”ともよばれるシーバックソーンからとれた 

保湿力・保水力に優れた希少なオイルなんです。 

 

 

他にも・・・ 

 

「ケラミドロール」(B1・B3・B5) 

 

ケラチン・セラミド・コレステロールをナノレベルで一体化した 

髪の毛のCMC(細胞膜複合体)にとても近い補修成分。 

 

ダメージホール(ダメージで栄養分が流出しできてしまった穴)に 

しっかり入り込み補修してくれます。 

 

「4Sユニット」(B1・B3・B5) 

 

プラチナ・コラーゲンPPT・ケラチンPPT・シルクPPTという 

なんとも豪華そうな名前の成分が 

髪を補強し、ダメージホールを修復、 

しなやかで潤う髪に近づけます。 

 

「グルタミン酸オイル」(B7) 

 

毛髪を構成する主要アミノ酸であるグルタミン酸が 

毛髪の水分・油分のバランスを整えながら補修してくれます。 

 

 

などなど 

これでもか、というほど 

髪の毛の補修成分が入っています。 

 

すごいです。 

 

 

これらのアウトバストリートメントは 

化粧水・乳液・美容液(オイル)と同じように 

組み合わせて使用することも可能です。 

 

自分に合ったケアをすることで 

髪はどんどんよくなっていきます。 

 

髪にしっかりと栄養を補給して 

ストレスフリーな日々を過ごしましょう◎ 

 

 

COTA取扱店は 

こちらのサイトをご覧ください。 

http://www.cota.co.jp/salon/

 

ページトップへ戻る