今話題の【プリカール】とは?|髪質改善なら神戸・三ノ宮の美容室「UNBIRTHDAY(アンバースデー)」

髪の悩みあれこれ

今話題の【プリカール】とは?|髪質改善なら神戸・三ノ宮の美容室「UNBIRTHDAY(アンバースデー)」

SPECIAL COLUMN

今話題の【プリカール】とは?

2021.04.01    ボリュームが出ない

 

今話題の【プリカール】、

 

名前は聞いたことあるけどどんなものなの?

やってみたいけどよくわからなくて不安・・・

 

今回はそんなお悩みを解決します◎

 

 

 

◯今話題の【プリカール】っていったい何?◯

 

 

インスタグラムで火がついた【プリカール】、

 

元々は韓国発祥の”根元パーマ”のことで

韓国のアイドルや芸能人がやっていることで話題になりました!

 

【プリカール】の【プリ】とは韓国語で『根元』の意味で、

トップがふんわりの流行のスタイルを簡単に作ることができます。

 

 

毛先にカールやウェーブを作る従来のパーマとは違い、

プリカールは根元のみにロッドを当て、巻き付けずに固定します。

 

これは韓国のプリカールをもとに日本でさらに改良された施術方法で、

毛先には全く薬剤がつかないようにするので髪への負担がほとんどないのが特徴です。

 

ぺたんとなりやすい根元にボリュームが出るため、

ヘアスタイルはそんなに変わらないのにスタイリングがしやすくなる!という全く新しいパーマ技術です。

 

 

 

◯プリカールはこんな人におすすめ◯

 

 

・トップがぺたっとなりやすくボリュームが欲しい方

 

・頭のシルエットが四角くなってしまう方

 

・朝のスタイリングを楽にしたい方

 

・前髪が流れにくい方

 

・分け目がぱかっと分かれにくくしたい方

 

・ヨシンモリやベルモリなど流行りの韓国風ヘアにしたい方

 

 

 

◯プリカールのメリットとデメリットは?◯

 

 

プリカールのメリット① 簡単にトップのボリュームアップができる

 

乾かすだけでふわっとした立ち上がりを付けることができるので、

ぺたんこ髪にお悩みの方や

前髪を後ろに流したい方、

ショートスタイルのスタイリングも簡単に。

 

髪質であきらめていたスタイルにも挑戦しやすくなりますね。

 

 

プリカールのメリット② 髪のダメージはほとんどなし

 

プリカールは通常のパーマとは違い、

根元のみに薬剤を付けるため毛先のダメージはほぼありません!

 

根元の部分はカラーなどの履歴も少なく健康な部分なので

カラーの色落ちなどもほとんどせずに施術可能です。

 

今までパーマをかけることができなかった方にもおすすめです!

 

 

プリカールのメリット③ ”いい意味で”スタイルへの影響が少ない

 

プリカールは根元のみにカールを付けるので

いつものスタイルからガラッとスタイルチェンジをすることはできません。

 

ただし、

トップにボリュームが出るので

スタイリングのしやすさは格段にアップします!

 

いつもより少し手間を減らしたい!という方にこそ

やっていただきたいパーマです。

 

 

プリカールのデメリット① お肌が弱い方には刺激があるかも

 

薬剤を根元から付けるので

頭皮が弱い方や敏感な方には少し刺激が強いかもしれません。

 

カラーなどでしみたり荒れてしまった経験がある方は

パッチテストなどで試してから施術することをおすすめします。

 

 

プリカールのデメリット② 薬剤選定や巻き方によっては失敗のリスクも・・・?

 

プリカールは極力失敗の少ない技術として改良されていますが、

間違った施術方法や、髪質に合わないやり方で薬剤を使用してしまうと

うまくかからなかったり、

場合によってはその部分だけダメージしてしまうことも考えられます。

 

プリカールは信頼できる美容師さんに相談しながら行いましょう◯

 

 

 

 

◯プリカールでできるおすすめスタイル◯

 

 

プリカールは写真のようにマジックカーラーのような特殊なロッドで行うのが主流ですが、

通常のパーマロッドでも根元にカールを付けることは可能です。

 

 

 

このように根元をふんわり立ち上がらせたい場合や、

 

 

前髪をふわっと流したい場合におすすめです◎

 

 

最新プリカールで

いつものスタイルをもっと扱いやすく、ワンランクアップさせてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

UNBIRTHDAYのパーマはこだわりの技術・薬剤選定を行っております。

パーマの不安、お悩みなど何でもご相談くださいませ。

ページトップへ戻る